ワインとディナーの夕べ

  1. 温泉と宿泊と観光なら室内温水プールのあるホテルエピナール那須
  2. レストラン
  3. ル・クラブ・デリス
  4. ワインとディナーの夕べ~那須ガストロノミー~

Le Club Deliceル・クラブ・デリス

イベントレポート

ワインとディナーの夕べ

那須ガストロノミー「シェフTAKUROが那須を魅せる」

開催日

2013年6月25日

今回シェフ”TAKURO”が掲げたテーマは「山」「川」「はな」「雷」「夜空」などの那須の大自然。
那須高原の食材をメインにそれぞれをイメージした色、味を、那須生まれ那須育ちのシェフ”TAKURO”がお皿全体に表現しました。
シェフ”TAKURO”が那須を想う気持ちを、感性や素材の火入れ、技でお楽しみいただきました。

MENU

第一章「はな」 那須のシンボル”りんどう”愛と誠実の象徴
凛と咲く姿はまさに華麗
第ニ章「牧場(まきば)」 風を切り走るその姿 はしゃぐ気持ちが高まる鼓動
大地の恵みを存分に味わう
第三章「田園と畑」 爽やかな風にそよぐ、育つみのりの息吹を感じて
広大な緑の絨毯
第四章「山と川」 何度見てもあきることの無いそのたたずまい”茶臼岳”
静かなせせらぎ生命の源”余笹川”
第五章「雷」 地を唸らす雷鳴と、ほとばしる稲妻は神々の力を感じる
時に荒々しく、神秘な光を空に走らす
第六章「夜空」 コバルトブルーの空に輝く光達
月光が優しく闇を包む

第一章「はな」

那須の町花はりんどう。自然豊かな那須町は平地の花々の他、亜高山植物も多数みられます。

ポイント 水辺に咲く花々をイメージしました。
澄んだ泉はトマトのジュレ、バジルオイルを香りづけに

第ニ章「牧場(まきば)」

那須は酪農が盛んで丘陵地帯には牧場が広がっています。

ポイント 丘陵や緑をグリーンピースと枝豆のクネルで、牧場の緑を揺らす風を春菊のソース
家畜たちの躍動感を栃木シャモの歯ごたえ、そして今牧場の山羊のシェーブルで表現しました

第三章「田園と畑」

那須岳の裾野から以南に広がる関東平野は良質の米どころでもあり、のどかな田園風景や里畑が広がっています。

ポイント 爽やかな風にそよぎ、育つ実りの息吹を全て緑の野菜、豆類で。発酵バターの泡のソースを添えて。

第四章「山と川」

何度見てもあきることのないその佇まい那須岳。主峰の茶臼岳は活火山です。そして清らかなせせらぎ生命の源「余笹川」
本来ならば那須の主川は「那珂川」ですが、シェフTAKUROの育った地域は「余笹川」が流れています。

ポイント 清流に住む鮎をベースに川の流れを表現。白いソースはディルなどの香草と酸味を利かせ、香魚鮎と良く合うタデの緑のソース、鮎の肝のチュイルをアクセントに。
山の上に浮かぶ白い雲、そして火山灰・・・

第五章「雷」

地を唸らす雷鳴、ほとばしる稲妻、時に荒々しく、時に神秘な光が空に走る・・・

ポイント 稲妻をかぼちゃのピューレで荒々しく叩きつけるようにして表現してみました。
そしてセルバチコ、白髪ネギ、アスパラも・・・那須高原特有の横に走る稲妻に。

第六章「夜空」

空気の澄んだ那須高原は天の川も肉眼でみえます。
夜空に広がる満天の星。

ポイント オレンジのパティシエールは天の川を、トウモロコシのアイスは「月」
太陽系の中で唯一環を持つ土星と惑星たち。

今回の特選ドリンク

料理とマリアージュさせるお酒は、フレンチ=ワインという概念にとらわれず、日本酒や栃木の銘酒をセレクト致しました。

料飲課支配人 伊藤 邦夫

《 料飲課支配人 伊藤 邦夫 》

  • シニアソムリエ
  • シニアバーテンダー
  • 酒匠(全国で僅か235名の内の一人)
  • 一級レストランサービス技能士
  • テーブルマナーマスター認定講師
  • 日本料理・西洋料理・中国料理食卓作法認定講師