ページの先頭です

本文まで進みます


ホテルエピナール那須
TEL.0287-78-6000(お気軽にお問い合わせください)
空室検索・宿泊予約

ジョニーのおいしいレストラン


パレスホテル大宮「栃木路フェアー」

2018年5月1日

パレスホテル大宮 2018.04.18

 恒例になりました「栃木路フェアー」に参戦してきました。

IMG_1596

今年で 5年目を迎えリピートされるお客様が多くいらっしゃるので 気を引き締めて!!参戦しました。

DSC_7027

毎年ランチ&ディナー 限定30名様とさせていただいて

おりますが 今年はあれよあれよと

40名様を越えるお客様がいらっしゃってくれて

 本当にありがとございます。

DSC_7030

今年は壬生町にある「けーきの家 ヒガノ」 の

イケメンオーナシェフ 「日向野シェフ」も参戦して頂き

程好い緊張感を感じながらのフェアーでした。

IMG_1605

DSC_7036

那須のお野菜達と「宇都宮若山農園」の筍

 高桑川魚店の「プレミアムヤシオマス」を使って

  お菓子の城ハートランドのスカイベリーととちおとめの

  イチゴを使って酢味噌にしました!

DSC_7007

DSC_7011 DSC_7014

パレス毛塚シェフは 栃木和牛を煮込み(ランチ)と

 グリル(ディナー)で!

  IMG_1582

お口直しはパレス大宮の楽しい伊藤シェフ!

IMG_1669

毛塚統括料理長(右) 日向野シェフ(左)緊張気味の

 中央の人!

IMG_1621

ちょっと暗かったけど 一通りお料理を出して

 説明が終わり ホッとしているからピース!

 最後は栃木 宇都宮からご参加いただいた

 マーケティング協会の方・料理研究家臼居先生 

  生産者の長谷川君みんなで 記念撮影!

 「ハイ!チーズ!」

IMG_1671

程好い緊張感とパレス大宮チームに協力頂き 

 無事 終了しました。 

栃木の食材を存分に使ったフェアー!毎回ですが

 栃木の食材は本当に良い物が多くあるので

 全国の方に知らせて行きたいですね!!

 パレス大宮スタッフ!日向野シェフ!本当に

 ありがとうございました。

 楽しいイベントになりました。

by ジョニー!!

 

 

 

 

ジョニーのおいしいレストラン


TOCHIGI TERROIR 2017

2017年12月27日

TOCHIGI TERROIR 2017!

~とちぎテロワールと美食のアンサンブル~~

12月18日 音羽和紀シェフとエピナール那須の

コラボレーション・ディナーが開催されました。

01

音羽シェフといえば フランス料理界の巨匠

料理界のダ・ヴィンチといわれる 「アラン・シャペル」に

日本人で初めて師事されたスゴイシェフです。

他にも 世界でも有名な弟子達とそうそうたるシェフが!!

そんな音羽シェフとのコラボなんて凄いぞ!エピナール!!

※自分で言うなって??

はじまり~はじまり~!

 1部 2部 合わせて 350名のお客様の料理を作ります!

 

お出迎えの一品は

 04

 オトワレストラン元シェフも手伝いに来てくれました。03

”シャンピニオン・カプチーノ!”

アラン・シャペルのスペシャリテ! 今から約40年以上前

その当時スープを泡立てるなんて ありえなかったそうです。

泡=アク という考えで みんなキレイに漉くって捨てるのが

   「泡」

1~2年で世界中に伝わったそうです。 

今でこそ世界中の料理に「泡のソース」を盛り付けるのが

当たり前になってますが

それをあえて使ったシャペルはダ・ヴィンチと呼ばれることに

なるほど納得です。

 

オードヴルは「メリメランジュ 吉田シェフ」の一品

 ”伊達鶏のバロティーヌ”

0607

スープは「和食料理長 村松」の一品

 ”天王寺蕪のポタージュ タラバカニのクネル”

09

10

ポワソン 「私が担当」

 ”プレミアムヤシオマスのミ・キュイ 

  那須香味野菜のラビゴットソース”

16

稚鮎のコンフィ・長ねぎ・生姜・柴漬けを使ったソース

1324

お口直しの一品は「菜す乃料理長 荒井」

 ”那須の柿と蜂蜜のグラニテ 柚子の香り”

19

33

いよいよのメイン「音羽和紀シェフ」

 ”とちぎ和牛とフォアグラのポシェ!”

25

31

盛り付けはオトワレストランスタッフ3名をはじめ、

エピナールキッチンスタッフ総勢 20名掛かりで!

26

最後のデセール「洋食料理長 大島」

 ”なすひかりのミルクリゾット あまたにさんの

 チーズとリンゴのタルト スカイベリー添え”

32

14

最後にそれぞれの料理の拘りや想いをお客様にお伝えしました。

テロワール=フランス人が好きな言葉で 日本語でピタリと

当てはまる言葉がありませんが、「場所」、「気候」、

「土壌」等々 アラン・シャペルがその土地の食材を使い

その土地でしか出来ない料理を作る そんな哲学をオトワシェフは

継承され 栃木 宇都宮にお店を構え早30年以上!

エピナールの料理も地の物を使い生産者と共に

お客様に伝える!そんなコンセプト 相通じるところが多くあり

今回のイベントに繋がりました。

2930

最後に生産者の方や参加されたお客様と「ハイチーズ!」

エピナール那須は生産者の皆様と共に 全国のお客様に

栃木の良いところを発信していきます。

どうぞ 応援お願いします。

 

今年はなかなか ブログ更新できずに失礼しました。

 もっと 頻度を上げて参ります。

by ジョニー 

 

 

 

 

空室状況・宿泊予約
宿泊プラン一覧
お問合せ・資料請求

【§ページの最後です

【»先頭へ戻ります